トップページ > >

    2chのなんj野球まとめサイトです。アニメ・ゲーム・などもまとめます。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    つば九郎2



    1: 名無しさん@おーぷん 2015/07/01(水)21:31:58 ID:TcJ
    明日勝って首位奪還ヤ!

    引用元: ・【雑談】ヤクルトファン集合【ヤクルト】

    【【雑談】ヤクルトファン集合【ヤクルト】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    no title



    1: 名無しさん@おーぷん 2015/07/01(水)22:53:43 ID:6zQ
    1ヶ月半で6ゲーム縮めた模様

    引用元: ・広島がひっそりと首位と2.5ゲーム差に

    【広島がひっそりと首位と2.5ゲーム差に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    西武ロゴ



    1: 名無しさん@おーぷん 2015/07/01(水)21:24:43 ID:nVL
     ◇パ・リーグ 西武10―3ソフトバンク(2015年7月1日 ヤフオクD)

     西武がアーチ攻勢でソフトバンクを逆転で下し、連敗を2で止めた。日本ハムと並んで2位に浮上した。

     2点を追う3回、2死一、二塁からメヒアの左越え16号3ランで逆転すると4回には1死一、二塁から栗山の5号3ランで突き放した。9回には中村がリーグトップの22号満塁本塁打を放って試合を決めた。

     投げては先発野上が初回の2点以降は粘りの投球を見せ、結局7回3失点で5勝目を挙げた。8回は増田、9回は田中が締めた。

     ソフトバンクは初回に幸先よく2点を先制したが、先発スタンリッジが安定感を欠いた。7回に松田がリーグトップタイの21号ソロを放ったが及ばなかった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150701-00000126-spnannex-base

    タイムリー不要説

    引用元: ・西武 逆転大勝で連敗止めた!メヒア&栗山3ラン、おかわり満弾

    【西武 逆転大勝で連敗止めた!メヒア&栗山3ラン、おかわり満弾】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    no title



    1: 名無しさん@おーぷん 2015/07/01(水)22:54:36 ID:iyY
    De4位転落

    引用元: ・虎-|-兎燕--星---鯉-----竜

    【虎-|-兎燕--星---鯉-----竜】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    DBスターマン



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/07/01(水) 16:42:07.40 ID:yj24yplO0.net
     交流戦前までは29勝19敗(貯金10)、巨人に2差をつけての首位。ところがパ相手の交流戦では3勝14敗1分け(借金11)の12位。
    ベイスターズの自滅でセの首位に浮上した巨人も、交流戦では7勝11敗の11位だった。これをパとセの実力の差と決めつけるのは早計。DeNA球団関係者は「パとセのスパイ能力の差」と一刀両断する。

     コーチが相手選手の癖を盗むなどの勘に頼る手法はもはや過去の遺物。ベンチとは別チームの精鋭部隊がパソコンを駆使してあらゆる情報を入手、それをリアルタイムに選手にフィードバックするのが現代流で、まさにこれこそが“パ・リーグ流”。
    DeNAもソフトバンクや楽天に倣って選手個々の能力を数値化し、クラウドシステムで情報を一元管理する『ミナト・システム』を開発。相手、自軍の選手の状態、得手不得手を数値化した。序盤の快進撃はこれが奏功しての首位だった。
     中畑監督は選手を鼓舞するのが役目で、実質采配はコンピューターが振るっていた。大本営はベンチではなく、横浜スタジアムに設けられたチーム戦略ルーム。ここに足を運べば、欲しい情報がすぐさまテレビ画面に登場。
    この様子は6月17日に放送されたNHK『クローズアップ現代』でも紹介された。
     しかし、この『ミナト・システム』にはパ球団の詳細な情報は入っておらず、今回の交流戦では全く歯が立たなかった。これが連敗の原因で、リーグ戦に戻ればまた状況は変わってくる。

     現在、DeNAのエンジニアたちがリーグ戦再開に合わせて最新の情報をインプット中。アップデートされたコンピューターが再起動することで、DeNAの7月反攻がリスタートすることになる。
    http://wjn.jp/article/detail/0465915/

    引用元: ・DeNA、采配はコンピューターが振るっていた

    【DeNA、采配はコンピューターが振るっていた】の続きを読む