森友哉



1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/31(水)14:29:16 ID:V4f
 本人はもちろん、球界全体からも“打てる捕手”として期待されプロ入りして5年。ついに実現の時を迎えたと言っていい。

 そして、今季ついに主力捕手としてシーズンを戦い抜いた。出場136試合中、74試合でスタメンマスクを任され、多和田のリーグ最多勝も演出。
打撃面も、打者に専念して最高成績を残した2015年とすべての項目で遜色ない成績を残し、攻守にわたり優勝に大きく貢献。
「リード面などに悩み、試合に出るのが怖い日もあったと思う。でも、(捕手)1年目で優勝できるのはすごい」と成長を見守ってきた秋元コーチも話す。

「自分の理想像に少しずつ近づいているのかな」と森。球界を代表する“打てる捕手”へ、確かな一歩を踏み出した。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181031-00000004-baseballo-base

打てる捕手としての第一歩やね

引用元: ・西武・森友哉 “打てる捕手”へ確かな一歩を踏み出した2018年/あのドライチはいま

2: 名無しさん@おーぷん 2018/10/31(水)14:30:52 ID:QN7
バッティングが思ってたより伸びてこないな

3: 名無しさん@おーぷん 2018/10/31(水)14:31:17 ID:eHM
はえ~
外野手ばかりやってたこともあったんか

4: 名無しさん@おーぷん 2018/10/31(水)14:32:27 ID:JfC
スタメンキャッチャーで出るのはあんま増やさんでええぞ
足腰にガタ来るから

6: 名無しさん@おーぷん 2018/10/31(水)16:09:01 ID:bZ2