1: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)12:23:53 ID:WWO
ロッテが来季の新外国人として大リーグ・ブレーブスのジョシュ・レイビン投手(30)と大筋で契約合意したことが22日、分かった。
レイビンは2006年にドラフト5巡目(全体144位)でレッズから指名され、プロ入り。
193センチの長身から投げ下ろす150キロ超の直球と、曲がり幅の大きいスライダーが武器で15年にドジャースでメジャーデビューを果たすと、16年には10試合に登板し、防御率0・93。奪三振率は12・1をマークするなど、三振を量産。
ドジャースでは通算3シーズンで33登板と実績も十分で16年と17年には前田健太とともにプレーした。

top


https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20181222-OHT1T50042.html

引用元: ・千葉ロッテ、新守護神候補を獲得 マエケン元同僚

2: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)12:24:22 ID:WWO



5: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)12:33:21 ID:ahO
補強する気あったのは朗報
内をセットアッパーにできるな

6: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)12:35:59 ID:lwM
防御率ええやんと思ったら前後6点台やんけ

7: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)12:36:34 ID:9LP
奪三振率高いのはええな