no title



1: 風吹けば名無し 2019/01/10(木) 20:59:13.90 ID:EBJ4RS6O0
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/12/27/kiji/20181226s00001173309000c.html

 ロッテの山室晋也球団社長(58)は球団仕事納めの26日、来季のチーム強化へアストロズの「フライボール革命」をモデルにした「チーム戦略部」を新設することを明らかにした。
2年目を迎える井口資仁監督(44)が要望し、2億円を投入した日本一の「データ野球」を目指していく。

引用元: ・ロッテさん、2億円かけてNPB最強のデータ野球球団になってしまう

2: 風吹けば名無し 2019/01/10(木) 20:59:50.08 ID:EBJ4RS6O0
ロッテは変わった。球団創設50年目で初の黒字は約7億円になる見通しだと語った山室社長は、その資金を来季のチーム強化へとつなげると約束した。

 「球団経営が黒字化し、来年から攻めに転じます。2億円を投資し、目指すのはフライボール革命を成功させたアストロズです」

4: 風吹けば名無し 2019/01/10(木) 21:01:17.91 ID:EBJ4RS6O0
強化の目玉の一つは「チーム戦略部」の新設だ。「フライボール革命」とはシフトが進化し、速い打球のゴロが守備の網にかかることから、内野を越す飛球の方が安打の確率が高くなる理論。アストロズはこの「データ野球」を基に、17年にワールドシリーズを制した。

 一方、ロッテのデータ部門は、今季までスコアラーと打撃投手が兼務など専門家が不在だった。
新たな部署は19人体制。楽天のチーム戦略室スコアラーグループマネジャーだった行木(なめき)茂満氏ら他球団の専門家4人を含む6人を新たに雇用。アナリスト(分析官)6人体制であらゆる情報を分析する。

6: 風吹けば名無し 2019/01/10(木) 21:02:09.17 ID:EBJ4RS6O0
新たな部署は選手起用から守備位置に至るまでデータを提供し、井口監督ら首脳陣との協議でチームの戦略が決まる。グラウンドだけではなく育成、外国人選手の獲得、トレード、ドラフトなどもビッグデータではじき出す。
「最終的に決めるのは井口監督だが、意見を出せる場所があることは大事」と山室社長は展望を語った。

 球界では当たり前だった高性能弾道測定器「トラックマン」を今季ようやく導入するなど、データ部門は最後発だったロッテ。
12球団トップのデータ野球を目指す戦いが、年明けから始まる。 

3: 風吹けば名無し 2019/01/10(木) 21:01:13.64 ID:gKZaR1IS0
黒字になってから景気ええな

7: 風吹けば名無し 2019/01/10(木) 21:02:13.35 ID:sPffLSn60
結局テラスなしマリンで30発打てる日本人打者は生まれなかったな

11: 風吹けば名無し 2019/01/10(木) 21:03:35.33 ID:f/gROPvI0
黒字はダゾーンマネーでパリーグ全体増えたから
他球団との差は変わってなさそうだけどな