1: 風吹けば名無し 20/04/03(金)16:07:35 ID:???

 航空機を利用した小型衛星の打ち上げ事業を手掛ける米企業の拠点「スペースポート(宇宙港)」に、大分空港(国東市)が
アジアで初めて選ばれた。

離着陸や機体整備などに使われ、早ければ2022年から打ち上げが始まる見通し。小型衛星は気象観測や測位、通信などの
分野で世界的に需要が高まる。実現して軌道に乗れば、大分県内での関連ビジネス拡大など産業振興が期待できそうだ。

 米企業はヴァージン・オービット社。音楽や航空事業などを世界展開するヴァージングループ傘下で、商用や政府用の需要が
増す小型衛星の打ち上げサービスを始めるため2017年に設立された。ロサンゼルスが拠点。
 「水平型打ち上げ」と呼ばれる方式を取る。改良した航空機に小型衛星を格納したロケットをつり下げ、空港から離陸後に
太平洋上などで発射。宇宙空間でロケットから衛星を切り離す。ロケットに搭載可能な重さは500キロまで。
 まだ実績はないが、既に米グアム島、英コーンウォール州を拠点にした実施計画を公表している。
 アジアにも拠点をつくろうと、19年6月にANAホールディングス(東京都)と候補地探しや航空機整備などに関する
協定を締結。宇宙港の日本誘致に動く一般社団法人スペースポートジャパン(東京都)の協力も得て、大分空港が最適と判断した。

(以下略)

0059114223_0059114224

大分合同新聞 4月3日
https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2020/04/03/JD0059114223

■関連資料
大分県、ヴァージン・オービットとの提携により、アジア初の水平型宇宙港に ― 大分県 (2020/04/02)
https://www.pref.oita.jp/soshiki/14270/spceport00.html

引用元: ・【宇宙】大分空港がアジア初の宇宙港に 米企業、航空機から空中発射ロケットで小型衛星打ち上げへ[R2/4/3]

3: 風吹けば名無し 20/04/03(金)16:57:06 ID:Fw.qz.L10
カッコいい!

5: 風吹けば名無し 20/04/03(金)19:05:23 ID:HX.u5.L1
需要の少ない地方空港を選んだのかな。
九州の中で、一番搭乗客の少ない空港を選んだとかかな。
佐賀の方が少なそうだけど、やっぱり太平洋側の方がアメリカ的に安心なんだろう

6: 風吹けば名無し 20/04/03(金)19:07:42 ID:HX.u5.L1
あ、わかった、周辺に開拓の余地が有り余っているからだろうな。
他の空港って、結構周辺開発の余地少ないよな。

7: 風吹けば名無し 20/04/03(金)19:12:33 ID:sq.7a.L11
未来の宇宙港らしく
ホバークラフト復活させるんだw

9: 風吹けば名無し 20/04/03(金)19:31:42 ID:BS.wh.L1
大分空港は昔、フェリーで云々とか記憶があって島状じゃなかったか?
と調べたら、大分市と湾内での対極にある僻地だったか w

米宇宙軍と宇宙自衛隊の共同と合わせた民間展開か。
今後、日米安保系は軍駐留なき駐留のこの形が増えそう。
そして種子島は月とかの本格的な宇宙向けになるのか。

11: 風吹けば名無し 20/04/03(金)20:20:21 ID:gb.wh.L1
ホバークラフトの復活話はこれとの絡みもあったのだろーか

12: 風吹けば名無し 20/04/03(金)20:29:08 ID:qU.ks.L7
宇宙関係と言えばスペースXしか知らんかったが他にもあるんだな。
宇宙開発の民間企業が複数存在するってスゲーなぁ、さすアメ。

13: 風吹けば名無し 20/04/03(金)21:20:14 ID:lR.4l.L1
国東半島がサンダーバード基地みたいになるんですね

14: 風吹けば名無し 20/04/03(金)21:25:06 ID:OZ.r7.L1
まあ自衛隊がサンダーバードみたいな物だけと。

15: 風吹けば名無し 20/04/04(土)07:40:39 ID:WM.em.L1
ぬこルンバ宇宙へ行く

16: 風吹けば名無し 20/04/04(土)08:26:18 ID:K8.6g.L1
91年にブランソン本人が熱気球で宮崎の都城を発進、世界初の太平洋横断に成功してたりする

18: 風吹けば名無し 20/04/04(土)12:00:28 ID:ER.bn.L8
えちょっとまって地元だけどはじめて知ったわ
国際線ターミナル増強とホバークラフト復活と続いてこれ?強気だな