top


1: 2021/01/05(火) 06:28:25.98 ID:C/mw72x10
「テームズは、メジャーではプラトーンプレーヤーでした」
 と語るのは、メジャーリーグ評論家の友成那智氏。

左投手の変化球に対応できない
 プラトーンプレーヤーとは、右投手の時にしか起用されない左打者、或いは左投手の時にしか起用されない右打者のことだ。
ちなみに、右投手でも左投手でも関係なく起用できる選手は、エブリデイプレーヤーと言われるそうだ。

「日本に来るメジャーリーガーは、なにかしらの欠点があることが多い。超一流ではありません。
テームズは左打者ですが、メジャーでは右投手が先発した時だけ起用されていました。左投手は苦手なんです。
左投手の変化球に弱く、特にスライダーには対応できません」(同)

 なんと、右投手専門だったとは。巨人では、プラトーンプレーヤーとして起用されるのだろうか。

「巨人は右投手専用打者と割り切って起用しないと、活躍は難しいでしょうね。
左投手の時でも出場させると、打率は2割を切る可能性もあるとみています」(同)

引用元: ・巨人の新外国人「テームズ」を不安視する声 メジャー96本塁打でも大きな“欠点”アリ

2: 2021/01/05(火) 06:28:54.81 ID:C/mw72x10
 巨人は、これまでプラトーンプレーヤーを獲得したことがあるという。 「2016年と17年の2年間プレーしたギャレット・ジョーンズです。左打者で、左投手には極端に弱かった。なのに、右、左投手に関係なく開幕から4番で使っていました」

 16年は打率.258、24本塁打、68打点を記録したが、17年は1軍に上がることができず、自由契約となった。
「テームズは、ボール球にも手を出すフリースインガーでしたが、韓国リーグへ移籍してから、じっくり見極めて打つようになりました。
韓国の投手は速球の比率が日本より高く、攻めのピッチングをしてくる。そのため好成績が残せたとみています」

3: 2021/01/05(火) 06:29:33.13 ID:C/mw72x10
ピークを過ぎて下り坂

 もっともセリーグの投手は変化球を多用するので、韓国と同じような活躍は難しそうだという。

「彼は、常にフルスイングするタイプで、メジャーでは三振率が30%と高かった。スプリットやスライダーなどの変化球が苦手で、緩急の攻めにも弱い。
日本では三振率は40%になる可能性もありますよ。これだけ三振が多いと打線がつながらないので、打順は6番くらいが妥当でしょう」(同)

 テームズを上手く生かす方法はないのだろうか。

「彼はとうにピークを過ぎた選手ですが、左投手が得意な中島宏之と組んで、右投手ならテームズ、左投手なら中島を起用すれば、戦力になるのでは。
ただ、巨人がそこまで考えているかわかりませんが」

5: 2021/01/05(火) 06:30:28.24 ID:C/mw72x10
 友成氏によれば、テームズはDH制のあるパリーグの方が向いているという。
「彼は、外野と一塁を守っていますが、打球への反応が鈍く、守備範囲も狭い。一塁だったら、中の下くらいのレベルです。
本来なら、指名打者で使いたいところですね」(同)  

バッティングに波があるのも不安材料という。 「ブルワーズ時代に、月に11本の本塁打を放ったことがあるものの、スランプも長いんです」(同)

https://news.yahoo.co.jp/articles/e2716d9b017c3fcab7a9824b439b0b677bacec8b

6: 2021/01/05(火) 06:31:15.95 ID:AtEOV1oC0
メジャーの左は左だからで使われてる奴おらんからな。日本人メジャーリーガーも左で使われん左バッターがおった

7: 2021/01/05(火) 06:32:00.86 ID:jqUSpH/Er
左の時はウィーラー使えばいいんだから問題ないやん

9: 2021/01/05(火) 06:36:46.13 ID:c+FOghCjd
まあボーアで良かったな

10: 2021/01/05(火) 06:40:51.46 ID:o+WB6flGa
スモーク大活躍したら元トッププロスペクト流れ込んできそう