virus_corona


1: 21/08/04(水)12:50:07 ID:GZZ1
自宅療養の厳しい現実 散らかった嘔吐物 「私死ぬの?」
https://news.yahoo.co.jp/articles/e9004d2ef9eeb45856f515e456928fa656722f01

「重い肺炎ですぐに入院が必要なのに、亡くなる直前まで入院できない人が何人もいた」  

神戸市西区の訪問看護ステーション「秋桜」を経営する社会福祉士の龍田章一さん(35)は、
目に涙を浮かべながら当時を振り返った。  

3月末から6月まで、市や病院からの依頼で、高齢者や障害者のコロナ患者140人の自宅を看護師と2人1組で訪問した。
普段通うヘルパーは感染対策のため訪問できない。患者は動けず、生ごみが散らかり、吐いたものはそのまま。
「痛い」「苦しい」とうめく声が室内に響く。「私も死ぬの?」と何度も問いかけられた。  

毎日午前7時から夕方まで休憩なく25軒ほど回った後、患者のデータをまとめる。
日付が変わるころには、悪化したり不安になったりした患者や保健所からの電話が鳴った。  

訪問看護の役割には患者の状態を把握し、入院調整を担う保健所に報告することもある。
だが、当時の神戸市は最大で1899人(4月26日時点)が入院を待っている状況。
酸素飽和度が低下し、重い肺炎の症状が出ている人たちが入院できなかった。  

「なぜうちの人が入院できないの」「あなたが保健所にちゃんと報告していないからじゃないの」。
患者の家族から感情をぶつけられても、どうにもならず、神経がすり減った。  

ようやく入院の調整がついても、搬送先の医師から「長くは持たない」と言われた人が何人もいる。
病院の設備や人手が足りず、人工呼吸器やエクモ(体外式膜型人工肺)が使えないと伝えることもあった。
家族は怒り、泣き崩れた。

引用元: ・【悲報】「私このまま死ぬの?」自宅療養中に重症化しても入院出来ない現実

2: 21/08/04(水)12:50:42 ID:HFoL
オリンピックのせいやな

8: 21/08/04(水)12:51:48 ID:tP2A
×自宅療養
○自宅放棄

9: 21/08/04(水)12:54:11 ID:PCJq
まぁ東京の怖さを知らなかったってだけやないか?ワイの近くの総合病院はほとんど空いてるで

10: 21/08/04(水)12:55:25 ID:aj7R
いうてそもそもが要介護者だとなぁ
訪問職員に八つ当たりしてる奴が一番糞

14: 21/08/04(水)13:02:58 ID:Tm4E
>>10
要介護者だろうが何だろうがコロナで亡くなるのは事実やん

11: 21/08/04(水)12:55:34 ID:PCJq
この記事見た奴はちゃんとワクチン打って家に篭っとけってことや

17: 21/08/04(水)13:24:56 ID:mDqc
あれだけ医療崩壊すると現場の人が言っていたのに嘘だのアピールだのと言って意に介さず外出してたらそら崩壊するわな

18: 21/08/04(水)13:25:19 ID:eJ68
こうなるってわかってたやんけ
恨むなら未だに外で歩いて医療崩壊させたヤツらや