2chのなんj野球まとめサイトです。アニメ・ゲーム・などもまとめます。

    カテゴリ:横浜DeNAベイスターズ > 筒香嘉智

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    筒香嘉智


    1: 風吹けば名無し 2019/10/19(土) 22:42:59.20 ID:qLBZshJd0
    これなら筒香スタメン余裕やろ
    no title

    引用元: ・【朗報】筒香嘉智さんが余裕でスタメン取れそうなMLB球団、ある

    【【朗報】筒香嘉智さんが余裕でスタメン取れそうなMLB球団、ある 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    筒香嘉智


    1: 風吹けば名無し 2019/10/15(火) 11:16:10.52 ID:MZGxhT3s0
    MLB公式サイトは、マリナーズ番を務めるグレッグ・ジョンズ記者がファンの質問に回答する形での記事を掲載。
    「12月にポスティングされたら、マリナーズは横浜ベイスターズの外野手ヨシトモ・ツツゴウに興味を持つと思いますか?」
    という問いに、同記者は冷静な見解を示している。

    「ヨシトモ・ツツゴウは横浜でのここ4年間で年間平均35本塁打、10シーズン通算打率.284とし、日本の優れたスラッ
    ガーの1人ですが、マリナーズが関わるとしたら私は驚きます。マリナーズは日本人選手とのつながりがあり、
    ツツゴウは来季まだ28歳ですが、マリナーズは現時点で有望な外野手のプロスペクトに道を与えようとしています」

    再建期に入っているマリナーズは昨オフ、主力を大量放出し、有望な若手を集めた。
    今季は開幕直後こそ快進撃を見せたものの、その後は失速し、最終的には68勝94敗のア・リーグ西地区最下位でフィニッシュ。
    勝敗を度外視して若手の成長を待っている時期とあって、その枠を1つ埋めるような動きは考えづらいというのがジョンズ記者の見解のようだ。

    「ツツゴウは守備がそれほど良いと見られておらず、マリナーズが主に指名打者となるかもしれない選手にポスティング費用と
    大金をかけると想像することは難しいです」

    同記者はこう説明を加えつつ、「しかし、昨冬のユウセイ・キクチの件で学んだように、絶対にないとは言えません」と補足。
    ゼロではないものの、可能性は相当低いと見ている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00573752-fullcount-base

    引用元: ・マリナーズが筒香獲得を見送り

    【マリナーズが筒香獲得を見送り 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    筒香嘉智


    1: 風吹けば名無し 2019/10/10(木) 19:58:04.88 ID:DL5mYEhw01010

    引用元: ・【悲報】筒香のポスティング価格、3000万円の可能性

    【ゲンダイ 筒香のポスティング価格、3000万円の可能性 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し 19/10/07(月)23:04:44 ID:mhr
    うせやわ

    筒香が入札制でメジャー挑戦!球団容認「現役で戻るとき声かけて」


    三原球団代表が「彼のキャプテンとしての功績は計り知れないものがある。ただやはり選手生命を考えると、限られた時間を有効に使ってもらいたい。その中で唯一お願いしたのは、現役選手として戻ってくるときは、我々に声をかけて欲しいと言いました。彼は『うれしい』と言ってくれました」と明かした。

    top



    引用元: ・速報 筒香メジャーwwwwwwwwww

    【筒香 ポスティングでのメジャー挑戦決定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    甲子園


    1: 風吹けば名無し 2019/08/11(日) 15:13:31.13 ID:yKKIo05A0
    「THE ANSWER」では「変わろう、野球――筒香嘉智の言葉」と題した連載で、筒香の言葉から27歳スラッガーが抱く野球界、そしてスポーツ界に伝えていきたい思いを紐解いていく。第4回は「トーナメント制が抱える問題」だ。

     ◇ ◇ ◇

    「そもそも、身体ができあがったプロ野球でさえもリーグ戦なのに、まだ骨格が固まっていない子ども達の大会がほとんどトーナメント制で行われています。将来がある子ども達を守るには、
    一発勝負のトーナメント制をやめてリーグ制を導入したり、ルールで球数制限や練習時間を決めたりする必要があると思います」――トーナメント制が子ども達に与える弊害について

     日本では高校生以下が参加する野球大会では、主にトーナメント制が用いられている。ご存じの通り、トーナメントは負けたら終わりの一発勝負。負けられない試合が続くことで、人数が多くないチームではエース1人に頼り切りになったり、
    人数が多いチームでも出場するメンバーが固定されてしまったり。結果として、まだ成長段階にある子ども達の身体に過度の負担が掛かり、大きな怪我や障害につながることが多い。

     かねてより、指導者や保護者ら大人は勝利至上主義を捨て、子ども達の未来を考えた「育てる」という視点を持つべきだと訴える筒香は、野球界が勝利至上主義に走る原因の1つに「トーナメント制」があると考えている。かつて、こんな話をしたことがあった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190809-00078165-theanswer-base

    引用元: ・筒香、甲子園のトーナメント制に疑問「体への負担が大きい。リーグ制導入を」

    【筒香、甲子園のトーナメント制に疑問「体への負担が大きい。リーグ制導入を」 】の続きを読む