2chのなんj野球まとめサイトです。アニメ・ゲーム・などもまとめます。

    カテゴリ:東京ヤクルトスワローズ > 奥川恭伸

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/07/07(火) 13:42:58.92 ID:tiab+skOp0707
    no title

    no title

    no title

    no title

    引用元: ・【悲報】ヤクルト奥川くん、桑田にボロクソに言われてしまう「このままだと危ない」

    【【悲報】ヤクルト奥川くん、桑田にボロクソに言われてしまう「このままだと危ない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    奥川恭伸


    1: 風吹けば名無し 2020/06/12(金) 13:08:54.84

    引用元: ・奥川153キロwwwwwwwwwwwwwwwwxwwx

    【奥川153キロwwwwwwwwwwwwwwwwxwwx】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    奥川恭伸


    1: 風吹けば名無し 2020/06/01(月) 08:14:42.05 ID:Qb5vwWcy0
    ドラ1奥川恭伸、球種分かっていても打てない…初フリー登板27球で4度空振り

    同じ高卒新人の長岡、武岡、育成選手の内山の3人を相手にのべ8打席対戦。スライダー、フォークを交えて27球を投げ、最速は152キロをマークした。
    立ち上がりはマウンドが合わなかったのか、2人目の長岡にストレートの四球を与えるなど、6球のうち5球がボール。
    だが、チーム関係者が「さすが」と舌を巻いた修正能力で、すぐに立て直し、実戦感覚を取り戻した。
    平均で150キロ近い直球の球速もさることながら、驚くべきは4度も空振りさせたことだ。フリー打撃では事前に打者に球種を予告した上で対戦。球種が分かっていて空振りさせるシーンは珍しい。
    相手が同じ若手とはいえ、同じ高校侍の武岡からフォークで2度の空振り三振、ファウルで粘る長岡のバットも最後は空を切らせるから、末恐ろしい。
    安打性の打球は1本。荒れた序盤から打って変わり、その後の21球中19球がストライク投球だった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ca82c3b6c8f720815336b16ff2df7fbf66af20dc

    引用元: ・【速報】ヤクルト奥川最速152km/h

    【ヤクルト奥川最速152km/h】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    奥川恭伸


    48: 風吹けば名無し 2020/05/24(日) 16:02:36.71 ID:2vrPS0dT0
    高津監督「奥川君、やばい、勝てる」古田氏に明かす

    高津監督はドラフト1位、奥川恭伸投手(19)の1軍デビュー時期について、目安として7月を掲げた。「調子は良いですよ。奥川君、やばいですね。勝てますよ」と大絶賛。
    古田氏から「開幕から1軍はない?」と聞かれると、「ないですね。7月と言われたら、可能性はあると思います。ファームで80から100球は投げられるようにならないといけない。
    それを何回かこなせて。そこまでくれば、1軍デビューでしょうね」と言及した。
    投手陣の再建を目指している指揮官。“黄金バッテリー”を組み、ヤクルトを支えてきた古田氏へ「古田敦也がヤクルトの正捕手だったらどうしますか?」と逆質問。
    古田氏は「速いボールを投げたいとか、抑えることよりも自分の理想を持ってる選手がいるじゃないですか。そこの擦り合わせがいる。アイデアを提供してやるのが我々の仕事だと思ってやっていた」と、理想と抑えることの両立の大切さを説き、高津監督は何度もうなずいていた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3d90c733205674fba8e628d949f0cb83420008b9

    引用元: ・【朗報】ヤクルト奥川、7月に一軍デビュー

    【【朗報】ヤクルト奥川、7月に一軍デビュー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/04/15(水) 17:26:55.02 ID:Q8N4PSSh0
    ヤクルト・奥川、自主練再開後初のブルペン投球 実戦想定して71球
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200415-00000523-sanspo-base

    top

    ヤクルトのドラフト1位・奥川恭伸投手(18)=星稜高=が14日、埼玉・戸田球場で自主練習を行い、11度目のブルペン入り。
    前日13日に自主練習が6日ぶりに再会後初の投球練習で、捕手が座って71球を投げた。

    戸田球場のブルペンには衣笠社長を始め、小川GM、伊東編成部長、高津監督、池山2軍監督らが集結。
    フロントや首脳陣が視察する中、最速154キロ右腕はプロ入り後初めてスタッフに打席に立ってもらうなど、より実戦を想定して投球した。

    4月上旬には球団を通じて「プロ1年目で世界がこのような事態になってしまい自分自身、正直戸惑いがあります。
    今はとにかくできることをしっかりやって、一日でも早く当たり前の生活が戻ってくることを祈るばかりです」と複雑な心境を明かしていた奥川。

    そのうえで「僕は、一日でも早くヤクルトファンで満員の神宮球場で投げれるように努力することだと思っています。頑張ります」と言葉に力を込めていた。

    次回は20日に再びブルペン投球を行う予定で、実戦形式での登板は全体練習再開後の見込み。
    ゴールデンルーキーは着実に前に進んでいる。

    引用元: ・【朗報】ヤクルトドラフト1位奥川、11回目のブルペン入りで順調に調整を進める

    【【朗報】ヤクルトドラフト1位奥川、11回目のブルペン入りで順調に調整を進める】の続きを読む