2chのなんj野球まとめサイトです。アニメ・ゲーム・などもまとめます。

    カテゴリ: メジャーリーグ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し 2019/01/20(日) 20:15:25.94 ID:QTi1PrVC0
    no title

    これやな

    引用元: ・【朗報】イチロー史上最もダサい格好、決定するwpwpwpwpwpwp

    【【朗報】イチロー史上最もダサい格好、決定する】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/01/20(日) 07:32:42.65 ID:54DDf8ZU9
     西武の菊池雄星(27)が、子供の頃からの夢だというメジャーリーガーとなった。

     入団先は、イチローが所属するシアトル・マリナーズ。契約は、実質的には4年5600万ドル(約61億円)である。

     会見で雄星は英語でスピーチし、質疑応答も英語でこなした。その異能に瞠目した人も多かろう。

    「たしかに、日本人選手が英語で会見というのは記憶にないですね。バイリンガルの元アナウンサーと結婚した成果でしょうか。現地記者も喜んでいましたよ」

     と大手紙メジャー担当記者が語る。一方、スポーツ紙西武担当記者曰く、

    「彼は、高校時代はチーム内の人間関係に悩み、西武入団後も、“デーブ暴行事件”の被害者になるなど、必ずしも人間関係は円滑ではありませんでした。それは本人も自覚していて、渡米後に自分を助けるコミュニケーションツールとして英語を身に付けたようです」

     もっとも、今後も通訳なしで通すのかというと、

    「イチローやダルビッシュは雄星以上に英語が流暢ですが、細かなニュアンスの齟齬を恐れて、取材では必ず通訳を入れます。早晩、雄星もそこに落ち着くでしょう」(先のメジャー記者)

     ま、英語留学じゃないのだから、そんなことはどうでもいい。問題はプレーだ。

    「早くも球団公式サイトは、雄星を“2番手投手”と紹介しています」

     と語るのはメジャー研究家の友成那智氏。“期待の星”といえば聞こえはいいが、実情は今季最下位濃厚の弱小球団の“頼みの綱”といった方が近いという。

    「大リストラ中のマリナーズは、エースから、有力な中継ぎ、抑えなど一気に放出。打線もボロボロです。たとえば、雄星が7回で2点のリードを守り降板しても、簡単に逆転されそう。防御率3・5程度なら、ヤンキースで15勝くらいできますが、マリナーズならせいぜい4勝11敗といったところ。なので、雄星を応援する際は、勝ち星にこだわらず、QS(クオリティスタート)(6回以上投げ自責点3以内)に注目してあげましょう」(同)

     いくらチームが弱くてもDonʼt mind! 

    top

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190120-00555195-shincho-base

    引用元: ・【MLB】「菊池雄星」マリナーズ入団 気になる“英語力”と“勝ち星”

    【「菊池雄星」マリナーズ入団 気になる“英語力”と“勝ち星” 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し 2019/01/20(日) 07:16:13.98 ID:PHQW7+sZ0
     カブスのダルビッシュ有投手(32)が18日(日本時間19日)、本拠地シカゴでのファン感謝イベントに参加し、エンゼルス・大谷との初対戦を「楽しみ」と心待ちにした。

     6年契約で移籍した昨季はわずか1勝。右腕の故障に悩まされ、5月が最後の登板だった。昨年9月に右肘の骨棘(こっきょく)除去手術を受け、同12月にキャッチボールを再開。
    「今は不安は全くない。来週から3、4回投球練習をする」という。キャンプに向けて「体調はもちろん、マインド的にも凄くいいので早く始まってほしい」と力を込めた。

     今季カブスは、いずれも昨季なかったエンゼルス戦が3試合、マリナーズ戦が4試合組まれている。大谷、イチローとの対戦に、ダルビッシュは「2人とも尊敬しているし、楽しみ」と語った。特に注目なのは、日本ハムで背番号11を受け継いだ大谷との初対決だ。

     15年に元同僚の弟分・中田を通じて親交が生まれ、自主トレも一緒に行って知識などを伝授。昨年の開幕前は「(投打の)両方で一流と言われる成績を残してもらえるとうれしい」とエールを送った。
    一方、自身は昨季の初安打を大谷からもらったバットで記録し「いい感じだった」と感謝していた。

     今月には妻・聖子さん(38)とアリゾナ州のセドナで挙式した。「参加した人たちが楽しんでくれたようなので、やってよかったと思う」。心身ともに充実して臨む復活イヤー。
    4月12~14日(同13~15日)の3連戦で「VS大谷」が実現すれば、大きなハイライトになる。

    top

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190120-00000026-spnannex-base

    引用元: ・【朗報】ダルビッシュさん、カブスのファン感謝イベントに参加「大谷との対戦が楽しみ」

    【【朗報】ダルビッシュさん、カブスのファン感謝イベントに参加「大谷との対戦が楽しみ」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    top



    1: 風吹けば名無し 2019/01/19(土) 13:01:08.90 ID:F5et+4sn0
    やっぱ化物だわ

    3: 風吹けば名無し 2019/01/19(土) 13:02:43.74 ID:LgGV76vod
    2007ダルビッシュすき

    11: 風吹けば名無し 2019/01/19(土) 13:05:23.75 ID:h2mNR4yIr
    200イニング投げる22才とかポジり倒すわ

    引用元: ・ダルビッシュ有(22) 16勝4敗 200.2回 防1.88

    【ダルビッシュ有(22) 16勝4敗 200.2回 防1.88 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し 2019/01/15(火) 12:43:52.72 ID:oJ1OXEg+0
    FAハーパー外野手 フィリーズとメジャー史上最高額で契約

    【マサチューセッツ州ボストン14日(日本時間15日)発】USAトゥデー紙など複数の米メディアが、ナショナルズからFAになったブライス・ハーパー外野手(26)
    がフィリーズとの合意に向けて最終交渉に入ったもようだと伝えた。

     今オフのFA市場最大の目玉であるハーパーは、米大リーグ史上最高額になる総額4億ドル(約432億円)超えの超大型契約の可能性が指摘されている。
    再契約を目指しているナショナルズは年平均2500万ドル(約27億円)以上の条件提示は困難とも報じられる一方、フィリーズのオーナーらが12日(同13日)
    にハーパーの出身地ラスベガスに足を運んで面談したことで、交渉が一気に進展したようだ。

     もう一人の目玉、ドジャースからFAになったマニー・マチャド内野手(26)について、米スポーツ専門局ESPNはホワイトソックスが8年契約のオファーを出したと報じた。
    総額3億ドル(約324億円)超とみられる。合意すれば、これまでチーム史上最大契約だったアブレイユの6年総額6800万ドル(約73億4000万円)を上回る。FA市場の“主役”2人がついに決着か。

    無題

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00000006-tospoweb-base

    引用元: ・MLB フィリーズ、ハーパーを324億円で獲得か

    【MLB フィリーズ、ハーパーを324億円で獲得か】の続きを読む