2chのなんj野球まとめサイトです。アニメ・ゲーム・などもまとめます。

    タグ:グリエル

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    60628d00



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 22:46:19.16 ID:SLcFht5L0
    .262 3本15打点
    6番サード

    引用元: ・グリエルのメジャー成績っっwwwwwww

    【グリエルのメジャー成績っっwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    42c88970



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 17:47:50.36 ID:4zpzgiBs0
    本日LAA戦でユリエスキ・グリエル(HOU)が1試合4併殺打(ニ併/遊併/捕併/遊併)。これは1975年7月21日ジョー・トーリー以来の珍事。#mlbjp
    https://twitter.com/yamarjyu/status/780290035987865600

    引用元: ・【朗報】元De グリエル、40年振りにメジャーの記録を塗り替える

    【【朗報】元De グリエル、40年振りにメジャーの記録を塗り替える】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    4aa63c4d



    1: 名無しさん@おーぷん 2016/09/08(木)15:12:59 ID:HI5
    アストロズのユリエスキ・グリエル内野手(32)が7日のインディアンス戦でメジャーは初本塁打を放った。

    キューバ出身のグリエルは日本のプロ野球DeNAでも活躍。
    2月に米国へ亡命すると、7月にアストロズと5年総額4750万ドル(約48億3000万円)の大型契約を結んだ。マイナーでの調整を経て、8月21日のオリオールズ戦でメジャーデビュー。昇格即スタメンとなり、「6番・DH」として起用された。

    その後もほぼ毎試合でスタメンに名を連ね、同日は「3番・三塁」で先発出場。そして、その瞬間を迎えたのは8回の第4打席だった。
    インディアンスの2番手・ミラーが投じた甘いスライダーをキューバの至宝は強振。快音を残した打球は高々と舞い上がりレフトスタンドに着弾した。

    メジャーデビューから14試合目での初本塁打。試合後には「メジャーの投手に慣れ、徐々にではあるがアジャストできるようになった。まだ本来のスイングとはいえないが、これからだね」と今後の活躍をうかがわせるコメントも飛び出した。
    成績はここまで打率3割1分8厘、1本塁打、6打点。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160908-00000118-spnannex-base

    引用元: ・元DeNAグリエル 待望のメジャー初本塁打!「これからだね」

    【元DeNAグリエル 待望のメジャー初本塁打!「これからだね」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/01(木) 17:28:22.27 ID:41kGVLxv0
    凄くね?レフトやってるが
    no title

    引用元: ・元DeNAグリエル 打率.387 OPS.950(MLB)

    【元DeNAグリエル 打率.387 OPS.950(MLB)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    4ace66ca



    1: 名無しさん@おーぷん 2016/08/22(月)13:01:21 ID:GhM
    元DeNAでアストロズ所属のユリエスキ・グリエル内野手が21日(日本時間22日)、敵地オリオールズ戦で念願のメジャーデビューを果たした。
    メジャー初打席で、目の覚めるようなセンター前安打を放ち、幸先のいいスタート。試合後は、記念すべき初打席を「とってもエキサイトした」と振り返ったそうだ。球団公式サイトが伝えている。

    長年の夢がついに叶った。キューバ国内リーグで15年、日本ではDeNAで1シーズンをプレーしたグリエルが、メジャーデビューを果たした。
    「6番・DH」で先発出場すると、2回2死走者なしで迎えた第1打席に、オリオールズ先発ガヤルドから、二遊間を真っ二つに割る目の覚めるようなセンター前ヒットを打った。
    この打席について「打席に立つ時、もちろん、とってもエキサイトしたよ。それでも、感情をコントロールして、仕事を果たすことに集中できた」と振り返った32歳の“新人”は、記念すべき一歩を踏み出し、ホッとした様子だったという。

    第2打席は四球、第3打席は二ゴロに倒れ、2打数1安打1四球。9回の打席では、右太もも裏に張りを感じたため代打を送られたが、ヒンチ監督は「最後までプレーすることもできた」と話し、念のための措置であることを強調したそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160822-00010009-fullcount-base

    引用元: ・元DeNAグリエル、メジャー初打席初安打に「とってもエキサイトした」

    【元DeNAグリエル、メジャー初打席初安打に「とってもエキサイトした」】の続きを読む