2chのなんj野球まとめサイトです。アニメ・ゲーム・などもまとめます。

    タグ:藤浪晋太郎

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    藤浪晋太郎


    1: 風吹けば名無し 2019/10/06(日) 13:05:44.91 ID:UTnHpcmo0
    今季未勝利に終わった阪神・藤浪晋太郎投手(25)が、アマチュアからも屈辱的な“左攻め”を味わわされた。
    2日、鳴尾浜球場で行われたJR西日本との練習試合の8回からリリーフ登板した藤浪は、
    1イニングを投げて2安打、無四死球、無失点。
    連打で一死二、三塁のピンチを背負ったが、150キロ台後半の剛速球を中心に
    組み立てた投球で後続打者を連続三振に打ち取り、プロの意地を見せた。
    この日対峙した打者は5人。右打者の打順が3度巡ってきたが、その都度、左の代打を送られた。
    制球に課題を抱える藤浪は右打者の頭部付近への死球を連発してきただけに、球団関係者も
    「向こうとしても『ケガをさせられたらたまらない』ということなんでしょうね。
    (藤浪も)しっかりとこの現実を見て、来季以降につなげてくれれば」と苦い表情で話した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191003-00000003-tospoweb-base

    引用元: ・【悲報】JR西日本さん、藤浪相手にとんでもない起用をしてしまう

    【【悲報】JR西日本さん、藤浪相手にとんでもない起用をしてしまう 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    藤浪晋太郎


    1: 風吹けば名無し 2019/09/25(水) 14:50:03.50 ID:/L4Xb2/h0
    ◇ウエスタン・リーグ 阪神―ソフトバンク(2019年9月25日 甲子園)

    阪神の藤浪が25日、ウエスタン・リーグのソフトバンク戦(甲子園)に
    先発して5回4失点。被安打5、4四死球の内容だった。

    初回を3者凡退で立ち上がり、2回も無失点に抑えた。
    だが3回1死から三森にこの試合初安打を浴びると、
    2死後に栗原に153キロのストレートを右翼席まで運ばれて2点の先制を許した。
    2―2の同点で迎えた5回には四球と安打などでさらに2点を失った。

    右打者の外角低めギリギリに投げ込むシーンがあった一方、
    2回1死一塁では変化球がスッポ抜け、増田に背中付近に当たる死球を与える場面もあった。

    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/09/25/kiji/20190925s00001173290000c.html

    引用元: ・阪神 藤浪、2軍戦で5回4失点 死球も

    【阪神 藤浪、2軍戦で5回4失点 死球も 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し 2019/08/11(日) 10:23:21.98 ID:Iu4y4HD/0
    阪神・藤浪、変わっとらん!“危険球”連発、バント処理悪送球 6回4失点
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190811-00000032-dal-base
    >右打者への制球が安定しなかった。三回1死から相対したA・マルティネスには頭部付近にボールが抜けた。
    >四回の先頭打者だった伊藤康にも初球、2球目と連続で体付近にボールが行くなど、苦しい投球が続いた。
    >さらに守備では五回無死一塁から、大野奨が投手前にバントを転がしたが、藤浪は一塁へ悪送球。
    >課題が克服できていない現状を露呈してしまった。
    no title

    引用元: ・【悲報】藤浪さん、二軍でも大荒れ。危険球連発にバント処理も悪送球…

    【【悲報】藤浪さん、二軍でも大荒れ。危険球連発にバント処理も悪送球… 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    藤浪晋太郎


    1: 風吹けば名無し 2019/08/05(月) 16:56:26.94 ID:J+4RcAg5M
     -先週の阪神は3勝3敗のイーブンで終了。最後はまた岩田が崩れての大敗でしたが、今回はそれは横に置きます。1日の中日戦で今季1軍初登板をした藤浪に話を絞りたいと思います。

     「僕も注目して試合を見たけど、課題が全く修正できてなかったね。2軍にいた5カ月間、彼なりに相当練習を積んできたとは思う。
    しかし、その練習内容がどうだったのか?下半身を徹底的に鍛え抜き、この3年間思うに任せられなかった投球フォームを自分が納得できるように改善できたのか…。
    あの投球内容を見る限り、少なくとも僕の目には何も変わってないように見えた。残念だけどね」

      -結果的に1失点でしたが、中日の打者にも相当助けられた感じもしました。

     「ちょっとひどすぎたね。1失点で済んだからいいというもんじゃない。
    右打者のとんでもないところに球が行くという課題は何も直っていなかった。
    すっぽ抜けも多かったし…その原因ははっきりしてるんやけどなぁ」

     -投球フォームをイジリすぎて、本来の姿が何なのか、藤浪自身がわからなくなっているんじゃないですか?

     「アームコントロールができるポジションが作れていない。肩、腕、リストの動きが理にかなっていればあんなに崩れることはないんや。
    今の藤浪は球をリリースする際のリストが完全に寝てしまっている。そこを直さない限り、先々のメドは立たんな」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190805-00000112-dal-base

    引用元: ・阪神OB小山「藤浪は何も変わっていなかった。1失点ですんだのは中日打線がひどすきるから」

    【阪神OB小山「藤浪は何も変わっていなかった。」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    藤浪晋太郎


    1: 風吹けば名無し 2019/07/29(月) 16:54:05.02 ID:tUmeo+yF0NIKU
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190729-00000014-tospoweb-base
     二軍調整を続けていた阪神・藤浪晋太郎投手(25)が29日、甲子園球場で行われた一軍の投手練習に参加。キャッチボールやランニングなどで約2時間汗を流した。8月1日の中日戦(甲子園)で今季初登板が見込まれる右腕は「この時期だからどうとかというより、自分のやるべきことに集中したい。特別な思いもない」と自然体を強調した。

    引用元: ・【朗報】藤浪が1軍に初合流 「自分のやるべきことに集中」

    【【朗報】藤浪が1軍に初合流 「自分のやるべきことに集中」 】の続きを読む